ホワイトニング

芸能人のようなキレイな白い歯にしたい!自宅と歯科医のホワイトニングの違いは?

2017年10月2日

芸能人やスポーツ選手の口元で美しく輝く白い歯。

「自分もあんなふうになりたい!」とお考えになる方も多いでしょう。

そんな望みを叶えたい方に、歯のホワイトニングという方法があります!

しかし、一言で歯のホワイトニングと言っても、方法や料金に大きな違いがあることをご存知でしょうか?

自宅や歯科医で出来るホワイトニングの方法や、その違いについてご説明します。

なぜ歯は黄ばんでしまうの!?

歯は、食事にコーヒーやワイン、カレーなどの色の濃い食べ物や飲みのもの、ポリフェノール、タンニン、カテキンが多く含まれる食べ物や飲み物をとることで、着色汚れが起きてしまいます。

さらに、タバコのヤニ、加齢による歯の黄ばみ。
歯の磨きすぎによって、歯の表面に細かい傷が付き、汚れが付着しやすくなってしまっている場合もあります。

こうした際には、以下のような方法を試し、歯の白さを取り戻しましょう。

 

歯を白くする方法

歯を白くする方法には自宅で出来るものと、歯科院やデンタルエステなどの専門の医療機関で行うもの、二種類の方法が挙げられます。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

歯科医で出来る方法

確実性、即効性を望むのであれば、歯医者で出来るホワイトニングがおすすめです。

歯科医で行うホワイトニングには、「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」と2種類の方法があります。

いずれも自宅でできるホワイトニングに比べて大幅にコストはかかりますが、早く確実に白い歯を手に入れることができます。

もちろん通うのをやめてしまうと、再び年月とともに黄ばみは付いてしまうので、定期的に通わなければ維持できない点はデメリットでもあります。

自宅で出来る方法

自宅で歯のホワイトニングをするには、市販の歯磨き粉、歯磨きジェル、歯のパック、歯のマニキュアなど色々な方法があります。

市販品は、これまで多くの商品に研磨剤が入っているので、歯を傷つけ、さらに色素沈着をしやすくしてしまうので避けた方が良いといわれてきました。

しかし、現在販売されている商品は、研磨剤を含まない物や無添加の物もあり、安心して使用できるものが多くなっています。

そのため、金額的にも負担の少ない市販の商品を使って自宅で歯のホワイトニングを取り入れる方も増えてきました。

即効性は期待できませんが、コスト的に負担も少ないため、毎日の歯磨き粉代わりに使用を続けることで、再び歯が黄ばんでしまうことも防いでくれます。

 

歯科医でできるホームホワイトニングとは?

ここからは歯科医院で出来るホワイトニングについて詳しく見ていきましょう。

まずは、自宅で手軽に出来るホームホワイトニング。

マウスピースを歯科院で作ってもらい、薬剤を塗ってから装着し薬剤が歯についた色素を少しずつ落とす方法です。

白さ長続き! ホームホワイトニングのメリットとは?

ホームホワイトニングのメリットは、施術後に歯の白さが長続きする点です。

その効果は、なんと1年以上。

さらに、歯の深くまで薬剤が浸透するので、白くなりにくい歯でも効果が期待できます。
主に薬剤の不足やマウスピースの調整程度になるため、通院の回数も少なくて済みます。

時間がかかるのがデメリット

ホームホワイトニングでは、マウスピースを1週間以上使い続けなければいけません。
毎日約2時間装着し続けるので、根気が必要です。

また、時間がかかるので、急ぎで歯を白くしたい人にはおすすめできません。

ホームホワイトニングはこんな人におすすめ

ホームホワイトニングは、時間が多少かかってもいいから歯の白さを長持ちさせたい人におすすめです。

また、薬剤の在庫がある期間は、病院へ足を運ぶことはありません。
就寝前やお休みの日の自宅でなど、自分のペースでじっくりと行いたい人にもピッタリです。

 

歯科医でできるオフィスホワイトニングとは?

歯科医でのホワイトニング(オフィスホワイトニング)は、歯に専用の薬剤を塗り、レーザーやライトを照射して歯を白くする方法です。

薬剤がレーザーなどで熱せられることで、着色物を分解する仕組みを利用し、歯を白くしていきます。

すぐに白さを実感! オフィスホワイトニングのメリットについて

オフィスホワイトニングの大きなメリットは、薬剤を熱した時の反応を利用した即効性です。

そのため、少ない施術回数で歯を白くできます。

急ぎで手早く歯を白くしたい時には特に重宝するでしょう。

ちなみに、用いられる薬剤は、専門の歯科医療機関でしか使えません。そのため、必ず専門の医師が施術を行うので高い信頼性があります。

後戻りの可能性あり? 出費がかさむケースも

オフィスホワイトニングには、歯の色が元に戻りやすいというデメリットがあります。

これは歯の再石灰化という現象で、簡単に言えば歯が傷を元に戻そうとする働きです。

元に戻るには、生活習慣といった個人差があります。
そのため、場合によっては何度も通院するケースもあるので、出費がかさむことも考えなければいけません。

オフィスホワイトニングはこんな人におすすめ!

この方法は、急ぎで歯を綺麗にしたい人におすすめです。

就職活動の面談や結婚式などと言った、ホームホワイトニングで歯を白くするのが間に合わない、という場合に利用すると良いでしょう。

 

自宅でのホワイトニングにはこんな商品がおすすめ!

歯科医でできるホワイトニングと自宅でできるホワイトニングの違いでも紹介したように、現在では自宅でホワイトニングができる市販商品も充実しています。

歯科医でのホワイトニングで使用される薬品に比べて、低刺激な自然由来の成分のみを使用、無添加の商品なども多数出ています。

毎日使うものだから安心&安全にこだわりたいですよね!

▼▼自宅でセルフホワイトニングができる商品の人気ランキングをこちらの記事でまとめていますのでご覧ください♡

自宅で簡単!歯のホワイトニンググッズ人気ランキングトップ10!

歯が黄ばんでいると・・・。 「口を開いて笑えない」 「人と向き合って会話するのがイヤ」 「顔全体が暗く見えてしまう」 しかし、専門の歯科へ行ってホワイトニングをしてもらうと費用がかかるし、通わなくなる ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたか?

ちなみに、歯科医院ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを合わせて行うデュアルホワイトニングというメニューもあります。

これは、急ぎで白くしたい、時間をかけて効果を長持ちさせたい、という2つのメリットが備わった効果的な施術法です。

今回紹介した、歯科医でホワイトニングを行う方法、自宅でセルフホワイトニングを行う方法。

それぞれにメリット、デメリットがありましたね。

ご自身の目的に合ったホワイトニング方法を選んで、白い歯を手に入れましょう!

-ホワイトニング

Copyright© ビタパル , 2019 All Rights Reserved.